Kojimachi Dr.Shiraishi Japanese Osteopathy -since 2009-

 

〒102-0083東京都千代田区
麹町4-8-27
丸三國友ビル2F

     

03-6268-9453

      

側弯症の治療はこちら

(株) シュロスベストプラクティスジャパン

(株) Schroth Best Practice Japan

最新の側弯症のシュロス式運動療法と装具をドイツから

職員のプロフィール

当院のスタッフは,全員,厚生大臣認可の国家資格である柔道整復師免許を有しています。

森 倫範  柔道整復師,整骨範士

■柔道整復師免許 第38315号
■柔道整復専科教員資格 第1068号
■東京医科大学 博士(医学) 第1617号

▼主な経歴
[学歴]
大同工業大学 電気工学科 卒業 学士(工学)
学校法人 米田学園 米田柔整専門学校卒業
慶応義塾大学大学院 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
東京医科大学大学院 医学研究科 博士課程修了 博士(医学)

[職歴]
特定医療法人 米田病院 接骨部門
日本伝統医療科学大学院大学付属 四谷左門町医院
日本工学院八王子医療専門学校 柔道整復学科 非常勤講師
帝京短期大学 ライフケア学科 柔道整復専攻 非常勤講師

▼主な研究内容
[研究テーマ]
臨床研究:橈骨遠位部骨折後における手関節機能の評価
基礎研究:培養交感神経細胞 presynase 軸索終末におけるシナプス小胞動態の解明

[研究論文]
1. 東京医科大学医学会総会 医学会奨励賞 2010年11月6日 受賞
演題名:特異的阻害剤の効果による培養交感神経シナプス伝達を担うCa2+ チャネルの分類
2. 第91回 日本生理学会 学術集会 優秀ポスター賞 2014年3月17日 受賞
演題名:Temporal Ca2+ regulation of synaptic vesicle release efficacy following action potential firing at the release site.
3. 大腿骨頸部骨折術後に観察された中殿筋前方線維の萎縮 共著 2004 Hip joint Vo.29
4. 肘内障の発生機序に対する解剖学的組織学的検討 共著 2005 柔道整復・接骨医学会誌 Vol. 13 No.4
5.3 例のタイプの異なる外傷性手関節損傷の経過 解剖学的整復位確保と維持の重要性 共著 2009 柔道整復・接骨医学会誌Vol. 17, No. 3
6.前方脱臼の脱臼位に関するX-P,MRI からの形態的検討 −愛護的徒手整復の考案に向けて − 2011 保健医療研究 第3号
7.臀部打撲内出血に対する長期観察 −B モード超音波画像観察の有用性− 共著 2013 日本超音波骨軟組織研究 第12 巻 第 2 号
8.アセチルコリン放出を担う培養交感神経終末 Ca2+ チャネルの解析 共著 (筆頭著者) 2013 東京医科大学医学会雑誌 71(33)
・・・その他多数

▼所属学会,団体
平成 9年 4月 中部接骨学会
平成15年 4月 日本手の外科学会
平成17年 4月 日本柔道整復接骨医学会
平成17年 4月 日本疼痛学会
平成18年 3月 日本生理学会
平成19年 3月 日本神経科学学会
平成23年 3月 Society for Neuroscience
平成23年 7月 日本保健医療学会
平成24年 4月 コ・メディカル形態機能学会

石原 知以子  柔道整復師

■柔道整復師免許 第68291号
■Schroth Best Practice Registered Therapist   http://schrothbestpractice.com/
(ドイツの側弯症に特化した運動療法)
■SEAS (Scientific Exercise Approach to Scoliosis) Accrediated Therapist. #2013-47
(イタリアの側弯症に特化した運動療法)
■三井温熱療法師 http://321onnetukai.blog82.fc2.com/blog-entry-8.html

▼主な経歴
[学歴]
■早稲田大学法学部卒業
■新宿鍼灸柔整専門学校卒業

[職歴]
■株)日本交通公社(現 JTB)
■JAL ナビア東京

[研究テーマ]
■ 特発脊柱側弯症と運動療法

▼所属学会,団体
平成21年〜 三井温熱療法師会
平成22年〜 日本保健医療学会
2011〜2014 SOSORT (International society on scoliosis orthopaedic and rehabilitation treatment)

2015~   Schroth Best Practice Academy

[研究論文]
思春期特発性脊柱側弯症 (AIS) と運動療法. 共著 2013年 保健医療研究 第5号
思春期特発性脊柱側弯症に対する SEAS 法を取り入れた運動療法及び夜間装具療法の効果.  2013年10月12日 日本保健医療学会 全国学術総会
思春期特発性脊柱側彎症に対する Cheneau Gensingen Brace TM の有効性. 2014年3月14日 日本保健医療学会研究報告大会 (http://www.kojimachi-shiraishi.com/wordpress/wp-content/uploads/2015/05/H27_03_14_保険医療学会ポスターA1_石原・白石v3.pdf)

2014年5月6日〜10日にドイツ(ウィスバーデン)で開催された第11回 SOSORT 年次学術総会の参加報告: 我が国の脊柱側弯症の保存療法について考える. 2014年 日本保健医療学会 第7回全国学術総会

思春期特発性脊柱側弯症に特化した運動療法・姿勢指導の有効性. 2015年7月4日 日本保健医療学会 第8回学術総会

The seas approach reduced Cobb angle, and the thera-band exercise improved scapula winging in a double major curve type of Adolescent Idiopathic Scoliosis (AIS) – a case report.   Scoliosis 2014, 9 (Suppl 1): P3 doi:10.1186/1748-7161-9-S1-P3.   (http://www.scoliosisjournal.com/content/9/S1/P3)

上村 知弘  柔道整復師

■柔道整復師免許 第39478号
■柔道整復専科教員資格 第1076号

▼主な経歴
[学歴]
中京大学体育学部体育学科卒業
米田柔整専門学校卒業

[職歴]
大塚接骨院(東京都)
四谷左門町病院(東京都)
[研究テーマ]
軟部組織損傷における治癒過程の解明

▼所属学会,団体
平成10年〜 中部接骨学会
平成10年〜 日本柔道整復接骨医学会
平成17年〜 日本疼痛学会

▼主な研究
1. 末梢神経損傷における軸索再生と神経成長因子 NGF. 共著 2009 柔道整復・接骨医学会誌Vol. 17, No. 4

富岡 啓  柔道整復師   鍼灸師

■柔道整復師免許 第69527号
■鍼師 第145369号
■灸師 第145153号

▼主な経歴
[学歴]
■新宿鍼灸柔整専門学校 柔道整復学科
■新宿鍼灸柔整専門学校 鍼灸学科

[職歴]
■セタガヤ治療室(鍼灸)(東京都)
■大江戸整形外科内科(東京都)

<研究テーマ>
■急性外傷に対する強固な固定の有効性に対する症例検討

大橋 滉樹    柔道整復師

・柔道整復師免許 第99464号

▼主な経歴

[職歴]

麹町白石接骨院

[学歴]

・新宿鍼灸柔整専門学校 柔道整復学科

相良 希美   柔道整復師

柔道整復師免許 第98266号

▼主な経歴

[職歴]

麹町白石接骨院

[学歴]

・新宿鍼灸柔整専門学校 柔道整復学科

渡辺 幸子  柔道整復師

柔道整復師免許: 第37597号
[主な職歴]
あおき整形外科内科(埼玉県)
清水整形外科クリニック(埼玉県)
麹町白石接骨院
[学歴]
日本柔道整復専門学校  柔道整復学科

大久保 勇紀  柔道整復師

柔道整復師免許 第98362号

▼主な経歴

[職歴]

jin 整形外科スポーツクリニック

麹町白石接骨院

[学歴]

・花田学園 日本柔道整復専門学校