Kojimachi Dr.Shiraishi Japanese Osteopathy -since 2009-

 

〒102-0083東京都千代田区
麹町4-8-27
丸三國友ビル2F

     

03-6268-9453

      

側弯症の治療はこちら

(株) シュロスベストプラクティスジャパン

(株) Schroth Best Practice Japan

最新の側弯症のシュロス式運動療法と装具をドイツから

第4回 Schroth Best Practice Academy 開催のお知らせ

脊柱側弯症の運動療法講習会
第4回Schroth Best Practice Academyを開催いたします。

*修了者は国際Schroth Best Practice Therapistとして認定されます。

期日:2018年11月3~4日及び23~25日 (合計4.5日)
講師:Official Schroth Best Practice Instructor
   白石洋介(医学博士、柔整師、麹町白石接骨院院長) 
   石原知以子(柔整師、(株)Schroth Best Practice Japan 代表取締役) 

参加資格: 医師、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、カイロドクター
場所: Schroth Best Practice Japan Inc.
    東京都港区六本木2-1-11-209
アクセス 東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒歩4分
     南北線 銀座線、溜池山王駅 5分、千代田線 赤坂駅 8分

定員:10名
参加費:160,000円 (税込み172,800円)

問い合わせ:(株)Schroth Best Practice Japan
石原 schroth.best.japan@gmail.com
電話 03-6268-9453 (麹町白石接骨院が取り次ぎます)

世界で最も信頼されている、ドイツの側弯症の運動療法、シュロス法。
その最新のプログラム、シュロスベストプラクティスアカデミーを11月に開催いたします。今年で4回目となるこの講習会ではエビデンスのある、側弯症に特化した運動療法を学びます。90年以上の歴史のあるシュロス法ですが、オリジナルのシュロス法は、習得し、実践していくことが大変難しいものでした。シュロスファミリーの3代目であるDr.Hans Rudolf Weissは、日常生活の中で簡単にその効果を出せるよう、大変シンプルなプログラムへと進化させました。
経過観察とされている軽度な患者さんや、若い患者さんには特に大きな効果を出していますし、装具治療と併行して、また中高年の患者さんにも適用できます。前額面の変形(側弯)だけでなく、矢状面(胸椎の前弯、腰椎の後弯)、水平面(体の回旋)の矯正についても深く考慮された3Dの運動療法にきっと驚かれることでしょう。
講習の後半は患者さんに参加して頂きますので、治療の実際を体験できます。10代の発症率は女子では5~10パーセントもあるといわれています。それだけ多くの子供たちがせっかく早期発見されても、経過観察という名のもとに放置されている現状は看過するわけにはいきません。毎日の姿勢に気を付けるだけで、手術を回避できる例もとても多いのです。講習会ではDr.Weiss による最新の装具、Gensingen Braceについてもレクチャーします。これまでになかった、改善を目的としてCAD/CAMで作製されるこの装具は、ドイツまで行かなくても現在は日本からオーダーできるようになりました。

側弯はエビデンスのある正しい運動療法と装具でよくすることができるのです。将来ある子供たちのために、ご一緒に治療に取り組もうと思って下さる方のご参加をお待ちしています。

講習会の参考書はDr.Weissの著書、Schroth Therapyです。(アマゾンで購入可)

Schroth-Therapy by Dr. Hans-Rudolf-Weiss

 

できれば講習会参加前に目を通しておいて下さると、より理解が深まります。
講習会では日本語で説明します。

講習会内容

パート1 テラピストのみ(2日間)
1日目
講義 脊柱変形の保存療法
科学的エビデンス、計測、理学療法   9:00~10:00
装具 10:00~11:00

実践パート
Physio-logic 立位、座位、歩行
カーブパターンにより体験する  11:30~12:30

ADL Correction of the Activities of Daily Living
日常生活の動作における矯正  立位、座位  13:30~15:00
3D made easy
De-Tethering exercises + シュロスの最初の考え方 15:30~17:00

2日目
講義 兆候、カーブパターン、その他の原因による変形、コブ角の計測 9:00~10:30

実践パート
1日目の復習、シュロスエクササイズ1  11:00~12:30
総復習、シュロスエクササイズ2,3 De-Tethering 13:30~15:00
総復習、シュロスエクササイズ4,5, テスト 15:30~18:00

パート2  テラピストと患者さん (2日半)
実際に患者さんの治療をさせて頂きます。

3日目 (患者さん グループ1)
挨拶、Physio-logic、カーブパターン等の確認 9:00~10:30
側弯のパターン、ADLによる矯正 
ADL, Walking, De-Tethering, シュロス1 11:00~12:30
総復習、シュロス2.3 13:30~15:00
患者さんの今後の予測、患者さんのQ&A, ATR(体幹回旋角度)の計測 15:30~17:00

4日目
総復習、シュロス4,5 9:00~10:30
Rehabilitation Walk, 復習、参加者のQ&A、11:00~12:30

(患者さんグループ2)
挨拶、Physiologic、カーブパターン等の確認 13:30~15:00
ADL, Walking,,De-Tethering, シュロス1 15:30~17:00

5日目
総復習、シュロス2.3、患者さんの今後の予測、患者さんのQ&A 09:00~10:30
総復習、シュロス4,5、Rehabilitation Walk、参加者のQ&A 11:00~12:30
修了式