Kojimachi Dr.Shiraishi Japanese Osteopathy -since 2009-

 

〒102-0083東京都千代田区
麹町4-8-27
丸三國友ビル2F

     

03-6268-9453

      

側弯症の治療はこちら

(株) シュロスベストプラクティスジャパン

(株) Schroth Best Practice Japan

最新の側弯症のシュロス式運動療法と装具をドイツから

愛知県のロコモペイングループ LPG が「運動器エコー&運動器触察セミナー2018 【肘関節編】」を開催します。

ロコモペイングループより下記の内容が届いています。興味のある方はご参加ください。

ーーーーーーー 記 ーーーーーーーーーーーーーーー

ロコモペイングループセミナー8月度のご案内をさせて頂きます。
8月25日(土)運動器エコー&運動器触察セミナー2018
【肘関節編】を開催致します!

運動器に携わる柔整・理学・鍼灸に必要な「触察」+「エコー」を同時に科学的に学べます!!

①対象疾患:
投球障害肘、テニスエルボー、その他肘関節周囲の外傷
②触察部位:
上腕骨の内側上顆、外側上顆、上腕骨小頭、上腕骨滑車、
尺骨の鈎状結節、肘頭、橈骨頭、内側側副靭帯、Osborne 靭帯、尺骨神経
③エコー描出部位:
内側上顆、内側側副靭帯の前斜走線維(AOL)、尺骨鉤状結節、尺骨神経、
上腕骨小頭、外側上顆、橈骨頭、上腕骨滑車、尺骨肘頭

■8月25日(土)
■場所:東海医療科学専門学校(愛知県名古屋市)
■時間:17:30~21:30
■会費:1万円(3回一括申込み2万4千円)
■お申し込みはこちら
https://www.locomopain.jp/echosyokusatu2018/

※8/23(木)受付、振り込み締め切りとなります。
定員に達し次第、募集を終了致します。お早めにお申し込み下さいませ。

■紹介動画
ぜひご視聴下さい。
https://www.facebook.com/ChaoYinBoJiNengJiePouYanJiuHui/videos/1543074919134549/

■セミナーの流れ
A. 運動器触察セミナー
❶触察に必要な解剖学の講義
❷触察のポイントをパワーポイントにて講義
❸堀先生が触察方法のお手本を実技
❹2人1組で実際に触察を実施
※約3組に1人の割合で実技講師がつきます
※体表上に筋骨靱帯をサインペンにて描画する

B. 運動器エコーセミナー
❶エコーに必要な解剖学の講義
❷エコーのポイント及び実際の損傷画像をパワーポイントにて講義
❸経験レベルに応じて約5人1組の班に分かれて実技
※班ごとにエコー1台と講師1名を配置